スタッフブログ  

記事一覧

Supreme71歳のストリートファッション好きのおじいちゃんに世界が注目!!

世界でも数多いファッショニスタ。
ファッショニスタと言えば『若者』というイメージが強いが、おじいちゃんも負けてはいない。

今ドイツの都市マインツに住む、現在71歳のAlojz Abram氏のコーディネートに世界中が注目している。

Alojz Abram氏は、Supreme・Thrasher・Stussyなどストリートブランドを好み、今年1月、お孫さんのJannik Diefenbach氏がInstagramにその着こなしを投稿したところ、1000を超える「いいね」を獲得するなど大反響を呼んでいる。
そんなAlojz Abram氏は、Complex Mediaのインタビューに応じ、自身のファッションなどについて語っている。

Alojz Abram氏が住むドイツの都市マインツでは、ストリートファッションは流行っておらず、かなり浮いているそう。
しかしAbram氏は「私の服はポップだから気に入ってるよ、人がすぐ気付いてくれる」と話し、お孫さんとSupremeやStussyといったブランドのルーツや、その服にこめられた意味について話すのが好きと語っている。

お気に入りのアイテムは、adidasのトラックジャケットで、特にブラックとカモフラージュのカラーウェイが好きだそう。

Abram氏は、ストリートファッションの気に入っているところは、軽さなどの機能性だと主張し、ブランドであるかどうかは関係ないという。
「快適じゃなきゃいけない、それがSupremeのものだとしたらボーナスみたいなもんだね」と語った。

インタビューの最後の一言で「Stay young.」とメッセージを残したAbram氏。

年齢や世間体などは気にせず、自分の『好き』を貫きスタイルを確立できているからこそ、Alojz Abram氏がこれほど注目されるまでになったのだろう。